住宅会社の特徴や、浜松の土地を一挙ご紹介!

木質感溢れる高級二世帯住宅

住宅 住友林業

こんにちは、イイタスの袴田です!

 

 

今回は浜松市南区のSBSマイホームセンター浜松内にある木造住宅のトップブランドハウスメーカー、

「住友林業」

さんのモデルハウスをご紹介します!

 

 

「少しお金をかけてでも、デザイン性の高い素敵な二世帯住宅を建てたい!」

 

 

こんなハイスペックな二世帯住宅を検討している方に、参考にしてもらいたい工夫がいっぱいのモデルハウス。

 

 

今回注目したのは、何といってもその

設計提案力のレベルの高さ!

 

 

では、さっそくご紹介をしていきましょう♪

 

 

 

落ち着く空間

コチラは一階、親世帯のキッチンスペースと和室の写真。

 

 

チークの床材とブラック色を基本とした配色で

重厚感ある雰囲気

を上手に表現していますね^^

 

 

空間を飾り付ける装飾品や調度品なども、全体のバランスを崩さないよう配慮されていたのが

空間設計のレベルの高さ

を感じました。

 

 

実は私の自宅もブラックウォルナットを床材に使用し、全体的に濃い配色の内装材と家具で統一しています。

 

 

そこで、黒系の床材を選んで実際に感じた

メリット・デメリット

を少しだけご紹介します。

 

 

 

 

黒系の配色は、色に合わせたインテリアを選ばないと部屋全体の締りが悪くなるので、インテリアに統一性やこだわりを持っている人にオススメです!

 

 

 

『木』の魅力と大開口

こちらは二階、子世帯のL・D・Kの写真。

 

 

ナラの無垢材と木質天井で、

木の魅力

が溢れる空間になっていますね。

 

 

家具などインテリアの色合いもナチュラルベースで統一感があり、とても爽やかな印象。

リラックスができる雰囲気

で幸せなひと時が過ごせそう♪

 

 

さて、コチラのモデルハウスでは、高い耐震性を保ちつつ従来よりも

大空間や大開口の空間を実現。

これはビックフレーム構法というオリジナル構法を採用しているからそうなんです。

 

 

この構法は、将来の間取り変更がしやすく、長期的な視点に立った家づくりにも最適!

 

 

二世帯住宅のように、世帯ごとのライフスタイルの変化に対応する暮らしをするご家族にとっては将来も安心の工法ですね♪

 

 

ちなみに、建物の構造躯体と住戸内の内装や設備を分離し、ライフスタイルの変化に対応しやすい構法のことを

スケルトン&インフィル

といいます。今後もよく聞く言葉だと思うのでぜひ覚えておいて下さいね。

 

 

 

まとめ

今回、ご紹介をしたコチラのモデルハウスは

玄関共有型の分離型二世帯住宅。

 

 

建物の大きさとしては約70坪ほどあるので、余裕のある贅沢な造りとなっていますが、

間取りの構成やデザインセンス

など参考にしたくなる工夫が満載!

 

 

木造最高級ブランドたる由縁が体感できるモデルハウス。一見の価値ありですよ‼

 

 

モデルハウスの詳しい情報はコチラ

住友林業

 

 一覧へ戻る 

カテゴリ一覧

カテゴリ別の記事一覧をご覧いただけます。

TOPTOP