いろんな土地に、勝手にプランニング!この土地に住んだらどんな暮らしが待っているんだろう?をイメージすることが大切です!

予算内でイイ家を建てるヒケツとは?

成功のハナシ

こんにちは!イイタスの袴田です。

 

 

浜松市でハウスメーカーの営業マン時代、お施主様からこんな質問をもらうことがありました。

 

 

「マイホームで叶えたい要望がありすぎて、間取りも決まらないし、予算も全然足りなくなっちゃう…、こんな時はどうしたらイイの?」

 

 

これは、せっかくの家づくりだからと全部の要望を詰め込みたくなる

「アレもコレも叶えたい病」

が原因。

 

 

特に家づくりの初期段階では何でもかんでも要望を詰め込んだ家にしようとして、予算オーバーになってしまう事がよくあります。

 

 

このように「アレもコレも叶えたい病」は予算オーバーを招く厄介モノですが、実は

「イイ家を建てるヒケツ」

がいっぱい詰まっている部分でもあるんです。

 

 

ポイントは、

「仕分け作業」と「優先順位」

です。

 

 

今回は、そんな「アレもコレも叶えたい病」の対応方法と、「イイ家を建てるヒケツ」についてご紹介をしていきますね!

 

 

 

それって本当に必要?

先日、数年前に袋井市で家づくりを担当したご主人様と買い物中にばったり!

 

 

長期間に渡り打合せをしていたお施主様で、共通の話題も多く気心が知れた仲だったので、しばらく当時の話で盛り上がりました。

 

 

コチラのご主人様は予算内で家を建てたいという考えが強い方。一方、奥様はアレもコレも全部叶えたいという方でした。

 

 

家づくりの決定権はご主人様だったので、予算内で家を建てるを重視した家づくりをする事で決定。

 

 

しかし、奥様の希望を叶えるために「アレもコレも」となっていては予算内で納めることは到底無理。

 

 

「どうしよう…」となった時に重要だったのが、「仕分け作業」です。

 

 

費用に対して満足度が高いモノを優先的に採用して、費用が高いけど使う頻度が少ないモノは採用しない、又は代用できるモノに変更するという作業の事ですね。

 

 

コチラのお施主様の場合、計画当初の中で一番コストが掛かっていたのが屋上バルコニー。

屋上バルコニーをつくりたい理由を聞いてみると、

 

 

「今住んでいるアパートのバルコニーから年に一度花火が見える。でも今回購入した土地は周りに家が建っていて新居のバルコニーからは花火が見えないから、屋上からなら花火が見えると思って…」

 

 

というのが一番の理由でした。

 

 

ちなみに、屋上をつくるために必要な費用は当時の見積りでおおよそ300万円。

 

 

ご主人様は屋上はいらない、奥様は屋上が欲しい。と、ご夫婦で意見が真っ二つ。

 

 

そこで、屋上をつくるために必要な費用が、本当に金額と見合う価値があるのか聞いてみました。

 

 

私:「屋上をつくるために必要な費用は300万円ほどです。30年間毎年花火を見たとして、1回あたり10万円の計算になりますね。」

 

 

奥様:「1回あたり10万円ですか!?」

 

 

私:「毎年、有料観覧席を家族で購入したとしてもそちらの方がお得です。屋上から花火を見ることだけが目的であれば、一度、他の方法を検討してみるのもいいかもしれませんね。」

 

 

奥様:「今の話を聞いて考えが変わりました。花火に10万円も掛けなくてもいいです。屋上は無しでお願いします。」

 

 

こうして屋上バルコニーをつくる事は取り止めになり、無事に予算内でマイホームが完成♬

 

 

ちなみに、ご主人様に新居に移ってから花火はどうしているかを聞いてみると、近所の河川敷に毎年家族仲良く花火を見に行っているそうです。

 

 

こういう話は家づくりではよく出てきます。特に今回のような屋上なんかはよくある例ですし、高級な設備なんかもそうですね。

 

 

迷った時は、さっきの花火のように1回あたりいくら使う事になるのか計算してみると、かなり分かりやすくなります。

 

 

見積りで一式〇〇万円というイマイチ具体的に想像がしにくい金額から、リアルに想像ができる金額に変わってくれるので、それだけお金を掛けて欲しいかどうかイメージがしやすくなるんですね。

 

 

例を挙げてみましょう。

 

 

例えば、50万円のキッチンと100万円のキッチンで迷ったとします。

 

 

耐用年数を20年として考えると、月々で約2,000円の差額に。

 

 

「月々に2,000円」と「お気に入りのキッチンを手に入れること」、どちらが価値が高いか考えてみると、より効率的に予算配分ができますね。

 

 

どうでしょうか?

 

 

このように計算すると、お金を出す価値があるものか分かりますので、予算の関係で迷ったら、1回あたりの金額を出してみると判断しやすくなるのでオススメです!

 

 

 

優先順位を考えてみる

要望に優先順位をつける。

 

 

実はコレ、家づくりで物凄く重要なことなんです。

 

 

先ほどのように1回あたりの金額を出すことの他に、「アレもコレも」と出てきた要望の優先順位をつけることも、家の満足度を大きく高めてくれるんですね。

 

 

優先順位というと1つずつ順位が高い順に並べていくイメージが強いですが、そこまで厳密に仕分けなくても大丈夫。

 

 

どういう風に優先順位をつければ良いかというと、「必ず叶えたいこと」「できれば叶えたいこと」に分けてあげるのがポイント。

 

 

「必ず叶えたいこと」は家をつくるための理由とも言えるので、最優先すべきこと。これが叶わないなら家づくり自体を再検討してもよいくらい重要な部分なんですね。

 

 

つぎに「できれば叶えたいこと」はゼッタイとは言わないけど、家にあるとウレシイという感じるようなこと。

 

 

「必ず叶えたいこと」が100%だとすると、60%くらいが「できれば叶えたいこと」の目安です。

 

 

そして、「必ず叶えたいこと」にも「できれば叶えたいこと」にも漏れた「何となくあるといいな」くらいの要望は、思い切ってカットしてしまう。

 

 

実は、それくらい優先順位が低い項目は家ができてから思い出す事もないくらいのことがほとんど。

 

 

私も浜松市でハウスメーカーの営業マン時代には、家を建てる人の優先順位を知ることはとても重要だと考えていました。

 

 

基本となる間取りをつくる場合、まずは最初にどんな家にしたいか沢山お話しをききます。まず最初に思っている事を全部出してもらうんですね。

 

 

ただ、それだけではイイ家はできません。なぜなら色んな要望がごちゃ混ぜになっているからです。

 

 

そこで次に仕分け作業に入ります。

 

 

先ほどのように、何が「必ず叶えたいこと」で何が「できれば叶えたいこと」なのかを1つずつ明確にしていくんですね。

 

 

住宅営業マンとしてある程度の経験を積めば、家を建てる人の「必ず叶えたいこと」と「できれば叶えたいこと」が分からなくても、動線や光の入り方などを考慮した、とりあえずの間取りをつくることはできます。

 

 

しかし、それがそのご家族に合った間取りだと自信を持ってオススメする事はできません。

 

 

それくらい、優先順位を付けるという事は家づくりで重要なんですね。

 

 

逆を言えば、優先順位を聞かれないでアナタに合った良い間取りができることはまずありませんし、

「どうやってその間取りをつくったんだろう?」

という疑問すら浮かんできます。

 

 

ハウスメーカーの営業マンの仕事と言うと「構造や仕様を説明して家を売る」というイメージがありませんか?

 

 

実は「バラバラになっているいろんな要望をまとめる」というのがとても重要な仕事で、これが上手にできる営業マンがとても優秀だったりするんですね。

 

 

このように優先順位というのは家づくりでとても重要な役割をもっているので、ぜひ一度、アナタの優先順位をまとめてみてくださいね。

 

 

きっと、アナタの建てたい家の全体像が見えてくるはずですよ。

 

 

 

 

まとめ

「アレもやりたい、コレもやりたい」となってしまった場合、効果的なのは今回ご紹介した2つの方法です。

 

 

1つはコストパフォーマンスの視点で仕分け作業をすること。

 

 

家の金額はよく分からないことが多いですが、1回あたりに換算すると、それが高いモノなのか、それともコストパフォーマンスに優れたモノなのかが分かります。

 

 

そして、要望に優先順位を付けること。

 

 

優先順位を付けると、どんな家を建てたいのか頭の中が整理されてスッキリしますし、なんで家を建てるのかも改めて気付くきっかけになってくれます。

 

 

ハウスメーカーや工務店選びでも、家の間取りでも、家を建てる理由を叶えるための手段に過ぎません。

 

 

まずは大きな視点で家づくりを見ていくことが、イイ家を建てるヒ・ケ・ツですよ!!

 

 

 

 

 

 一覧へ戻る 

カテゴリ一覧

カテゴリ別の記事一覧をご覧いただけます。

TOPTOP